JUGEMテーマ:学問・学校

 

 

紫外線にはA波とB波があります。

 

A波:肌の奥でコラーゲンを破壊してしまう『シワ光線』

 

B波:肌の表面をジリジリと焼く『シミ光線』

 

紫外線の上昇率は3月から4月が年間で最も多く、要注意月間ですが

 

5月に気をつけてもらいたいのは、シワ光線がピークを迎えるという事。

 

紫外線によるシワのリスクは、真夏よりも今が一番高いのです!

5月は、本格的なUVカットと同時に、エイジングケアもしっかりと行っていきましょう!

 

サロンでは、近ごろ肌の悩みでご来店される方が増えています。

 

一番多いのは、ニキビが気になる方や、急激に老化を感じてきた方などです。

 

お話しをしてると、肌に合ってない化粧品を使っていたり、

 

間違ったお手入れ方法をされていたり、

 

カウンセリングで正しい内容へ変えて頂くと、驚くほどお肌は蘇ります。

 

トリートメントでは、その方の肌に合ったものを見極めて化粧品を選んでいきます。

 

なので、いつも同じコースの方でも、お肌の状態によっては、

少しトリートメント内容を変更する場合があります。

 

フェイシャルトリートメントは3・4回続けてご来店頂くとしっかりとした変化を感じて頂けます。

 

嬉しいことに「もっと早く来てれば良かった」とのお声を多数頂いております。

 

肌の悩みがある方は紫外線が強くなるこの時期にこそ

しっかりとしたプロのケアを行ってあげてはいかがですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:学問・学校

 

温度の変化がすごくて、毎日服選びに大変です。

 

外で歩いてる時、運転している時、電車やバスに乗っていても、チリチリと肌が焼けるのを感じます。

 

特に顔は、日ごろ基礎化粧品を塗ったり、メイクや洗顔での摩擦が多く、外気に触れ、日に焼けやすい部分。

なので影響が出やすいのです。

夏になれば冷房も効いてくるので、お肌の乾燥が進んでいきます。

 

現代では1年中乾燥肌になりやすいので要注意です。

TゾーンやUゾーンなどの皮脂分泌が多い部分でも乾燥による脂性肌となっている場合もあります。

乾燥から肌トラブルに繋がっていきますので、保湿はぜったい大事なんですね。

 

地上に届くのは紫外線A派とB派の2種類の紫外線です。

大きく分けて下の通りです↓

 

紫外線A派➡お肌のハリや弾力の低下、しわタルミなどに繋がります。

紫外線B派➡しみの原因となります。

 

なので日焼け止めは将来の肌老化を予防してくれるアイテムなので、毎日1年中使うほうがいいです。

健康面では皮膚ガンの予防になります。

それに紫外線量は20年前とくらべて10%アップしているそうです。

 

夏場などはサッパリとした感触のものが好まれると思うのですが、しっかりと保湿はしてください。

 

 

サロンおススメ商品はスパトリートメント ボタニカルUVデイクリーム

お肌が乾燥しないように保湿効果も非常に高く、肌の引き締めや血行促進、肌を柔らかくし滑らか整えてくれます。

さらに、抗酸化作用、美白効果も高いので、シミの予防もしてくれたりと、嬉しい成分も配合されています。

詳細はコチラ

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

お肌の調子はいかがでしょうか?

 

老けたねと言われない為のスキンケアと題しましたが、

お気に入り3点をご紹介したいと思います。

 

まずは化粧水!

今あるお肌の炎症を落ち着かせ保湿し、

さらに次に塗る美容液やクリームの浸透を手助けをしてくれます。

 

 スパトリートメント ボタニカルケアローション200ml

 

 

そして美容液!

シミやくすみにアプローチだけじゃないこの一品!

顔色がくすんでいたり、部分的にザラザラ、ゴワゴワしている方にもおススメです。

透明度が上がり潤いやハリ艶が出て、肌の質感が変わります。

毛穴の開きや黒ずみが気になっている方もキュッと引き締まって黒ずみも目立たなくなる嬉しい効果も。

まずは朝・晩1週間お顔全体に塗ってみてお肌の違いを実感してみてください。

その期間は紫外線対策もしっかり行ってくださいね。

 

スパトリートメント ボタニカルディープブライト HQ-1.9

 

 

 

最後にクリーム!

「たるみ」「むくみ」「脂肪」などの老け顔に対して、

あらゆる角度から計算しつくされたクリーム。

お顔全体に朝・晩、年齢が出やすいフェイスラインや首元にも塗ってあげるのがポイント。

きちんと塗っていると、1週間後から違いが出てくる方も多数!

サロンでもリピーター続出のアイテムです。

 

 デトダーマフェイス30g

 

 

 

お肌疲れが気になってる方、サロンに行きたいけどなかなか行けない!

という方も、お家でのケアを見直してみてはいかがですか?

私自身も、日々の仕事に家事、育児と、美容にかける時間は独りの時と比べて

めっきり減ってしまいましたが、なるべく時間をかけずに効果が出るものをと

今この3点で集中ケアしているところです☆

当たり前ですが、日々積み重ねのスキンケアが5年後・10年後の

未来のお肌つくりもしています。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

いよいよ夏本番ですが、

汗をかいてベタベタのファンデーションの上から化粧直ししていませんか?

皮脂や汗がファンデーションと混ざり合って、皮膚の上ではドロドロの状態。

その上から新しくのせても当然うまく化粧がノリません。

 

化粧水を染み込ませたコットンで一度ふき取ってから、

お化粧直しをするのが、キレイに化粧がノるのでおススメです☆

お出掛け時にはコットンをサランラップに巻いて持ち運びをすれば簡単です。

 

私の場合はとにかく時間が短く済んで簡単でキレイに仕上がるファンデが理想♪

なので毎朝、化粧水の後に下の写真の左から保護クリーム、UVクリーム、BMBクリーム(ファンデ)の

3つを一気に手の甲に出して混ぜて使います。

これで、ファンデーションまであっという間に終わります。

 

スパトリートメントボタニカルセンシティブクリーム (保護クリーム

スパトリートメントボタニカルUVデイクリーム   (UVクリーム)

スパトリートメントボタニカルBMBクリーム    (ファンデーション)

手の甲をパレット変わりに使います。

最後にティッシュで余分な油分をオフ。

しっとり艶があるお肌に仕上がりますが、マット感が欲しい方は上からお粉をのせてもOKです。

保護クリームは違うのを使ってるという方でしたら、UVクリームとBMBクリームの2つで大丈夫です。

 

この組み合わせがとっても気に入っています。

夏の暑い中でもベタベタしないし、化粧崩れも気にならないほどです。

どんな方でも自然な透明度が出て、顔色が優れないという時にもカバーしてくれます。

不思議なことにその人に合った色味になるんですよね。

UVクリームはハイライトとしてTゾーンや頬上にのせたり、

BMBクリームはシミやニキビ跡、色素沈着をカバーするのに、1色塗りしたりと、

自分に合ったファンデーションが作れるのも嬉しいです。

 

もうすぐファンデーション無くなるわ〜という方は是非一度お試し下さいませ☆

自信を持っておススメしています(^^)/

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:学問・学校

 

 

肌老化の原因とされるのは【紫外線】【乾燥】【酸化】そして【糖化】ビックリ

 

「糖化」とは体内でコラーゲンが糖と結合して、「AGE」に変化します。

この「AGE」とは終末糖化産物と呼ばれ、「たんぱく質と糖が過熱されて結合してできた物質」のこと。

これが強い毒性を持ち、老化を進める原因物質とされています。

 

●甘いスイーツやお菓子、ジュースなどが大好き

●野菜や海藻の食物繊維が多くはいったものをあまり食べない

●お米、白いパンなどの炭水化物が好きな方は糖化が起こりやすいので要注意ですケーキドーナツジュース

 

では糖化が起こるとどういった影響がでるかというと、

花美容面への影響

◇肌のたるみや黄ばみ

◇髪のコシや艶がなくなる

◇肌は潤いやハリを失い老化が進む

花健康面への影響

◇癌、糖尿病、視力低下、白内障、動脈硬化、認知症、骨粗鬆症

 

AGEは全ての生活習慣病の原因とされています注意

蓄積されていくので、なるべく控えめに摂ることを意識してみてください

 

 

料理方法では

 

矢印蒸す矢印炒める矢印揚げる の順にAGEの量が増えます

 

昔から焦げを食べるとカラダに悪いとされてきましたが

まさにその通りです。

パンを焼いた時の焦げや、炊き立てのごはんが時間が経つと固く黄色く変色することなども糖化の一種です。

肌でも同じようなことが起こるとイメージしてください。

 

最後に「糖化」と「酸化」は同時進行に起こりますので

●紫外線を浴びる機会が多い

●脂っこい食事が多い

●飲酒が喫煙を好む

該当する方は、抗酸化作用のある食べ物やサプリメントを摂るなど、こちらも意識してみてくださいめ

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

寒くなってくると、運動するのが億劫になってくる時期ですね。
突然ですが、セルフマッサージはしていますか?

運動を定期的に始めてから1年が過ぎたのですが、そのジムでは
トレーニングの後にグリッドローラーを使って身体をほぐしていきます。
これが、とっても気持ちよくって自宅用にと同じものを買ってしまいました!

アメリカの「Trigger point performance」から出ているものですが
筋肉の凝りや張りをこのグリッドローラーを使って解していきます。
プロのアスリートも使っていて、運動後の疲れを残さない、筋膜の癒着を防ぐ為に行います。

普段の生活の中では、前かがみになる作業が多いと思うのですが、
このグリッドローラーで胸の筋肉を広げたり、肩甲骨周りや、腰、脚など
自分の体重を使いながら、全身をほぐすことが可能です。
ほぐしながら倒れないようにバランスをとっていかなくてはいけないので、
ちょっとしたトレーニングにもなっています♪

you tube で「グリッドローラー」で検索すると詳しい使い方を紹介しているので
気になる方は参考にしてみてください。


 

JUGEMテーマ:日記・一般

気になる「チアシード」食べてみました!

ダイエットしたいのに間食が止められない!という方、
その他にもアンチエイジング効果や体調管理をされたい方にもおススメです。

「チアシード」何かと言いますとシソ科サルビア属のチアの種子で、主にメキシコで採れるそうです。
黒ゴマみたいにプチプチしながら食べるので面白い食感☆


こんなに小さい種が水分を含むと↓
こんなに大きく膨らみます!



モデルのミランダ・カーが食べているとのことで話題になりました。
ビタミン、ミネラル、食物繊維、などのバランスの良い栄養素を持ち今、
注目されている「スーパーフード」。


水分を含むと10倍まで膨らむので
満腹感が得られお腹いっぱいになり、腹持ちも良いです。

食物繊維も豊富なので便秘がちの方にもいいですね。

何と言っても、青魚に含まれているオメガ3脂肪酸が入っています!
「オメガ3脂肪酸」の効果は以下の通りです↓

・肥満や脂肪肝、動脈硬化へと繋がる中性脂肪を下げる
・悪玉コレステロールを下げる
・代謝を促し、体脂肪が落ちる
・アレルギー症状の緩和
・脳の活性化

脂抜きダイエットは肌がカサカサ、髪がパサパサになるので
やはり良質な脂が重要です。

淡路ではチアシードだけでは売ってなく、ドリンクで発見しましたよ。



これはローソンで売ってるそうです↓


スーパーやコンビニで売っているので、気になる方は
一度試して下さい♪







 

JUGEMテーマ:グルメ

牛乳の変わりにアーモンドミルクを飲んでいます。
個人的には豆乳より飲みやすくてお気に入り♪

以前は牛乳の脂肪分が気になっていたので低脂肪牛乳にしていました。

ですが、
アーモンドミルクの方が低カロリーで栄養豊富、良質な脂肪なので
こちらを買うことに。

カロリーはというと、牛乳の5分の1ビックリ

アーモンドミルクの脂肪は牛乳と違って不飽和脂肪酸なので
血をサラサラにしてくれる脂なのです。
脂は美容やダイエットにも必要不可欠!
脂抜きダイエットや質の悪い脂肪はお肌のコンディションも悪くなります**


あのスターバックスでも「アーモンドミルクラテ」
というメニューがあるみたいですね♪


その名の通りですが、アーモンドから抽出される飲み物ですので
大豆や小麦、牛乳アレルギーの方でも飲むことができます。


牛乳を飲んでお腹が痛くなったり下痢になるっという方は乳糖不耐症なので
代替ミルクとしてアーモンドミルクやライスミルク、ココナッツミルク
などの植物性ミルクだと安心キラキラ

さらに女性には嬉しいビタミンEやミネラル、鉄分、オレイン酸、食物繊維が豊富なことから
美容面でもかなり強い味方になってくれます!

乳製品を摂りすぎると子供のアレルギーなどが心配になりますが
代替ミルクなら安心して飲ませられます。

最近では有名になっているので
近くのスーパーやコンビニでも置いてあるので買いやすくなりました☆

JUGEMテーマ:学問・学校

体脂肪率で見た目が違って見えます。
【前回の記事「体重はあてにならない!」を見ていない方は先にコチラ♪

女性の場合だとお腹腰回りに脂肪がつきやすいですね。
痩せて見えるけどお腹周りはポッコリ出る隠れ肥満の方もいます。
下の図を見て自分はどのあたりになるのかチェックしてみてください☆
20%より低くなると女性ホルモンに影響がでてきますし女性らしい
ラインもなくなってきます。

余談ですが、男性グループのEXILEは、皆さん体脂肪が8%以下らしいですね。
プロはすごいです!体脂肪1%減らすのは本当に大変ですから!



JUGEMテーマ:日記・一般

お腹がタテに割れてきました。
筋肉量が増えて、結構なハードトレーニングにもついていけるようになっています。
身体の調子も絶好調、引き続き頑張ります!!

さて、体重を第一に気にする方が多いですが、同じ大きさで筋肉と脂肪だと
筋肉の方が重いです。
重さが同じ筋肉と脂肪では、脂肪の方が倍ぐらい大きいのです!
下の写真をご覧下さい。



左が脂肪で、右が筋肉です。
どちらも同じ重さですが、見た目が倍くらいの大きさですよね!
なので同じ体重の女性がいても体脂肪の多さで、まったく違って見えるのです。

before             after
エクササイズを始めてから筋肉量が増え4キロ太っているそうです!
お腹周りの引き締まり方が違います。

なので、気にしないといけないのは体脂肪ですね。

次回、体脂肪についてに続く→
 


PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

今夜のレシピ

本のリサーチ

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM