JUGEMテーマ:学問・学校

前回はシミがどうやって出来るかの説明をしましたが、
今回は美白化粧品についてのお話しですき
シミに悩んでいる方は非常に参考になるかと思いますのでお付き合いください(^^)/

前回の記事をご覧になってない方はコチラを始めに読んでください♪

アメリカで美白といえば「ハイドロキノン」を配合している化粧品が多いのですが
日本ではこれまで皮膚科でしか処方されませんでした病院
今は2%配合までは化粧品として厚生労働省に許可されています。

この「ハイドロキノン」ですが、、そばかす、傷やニキビ跡の色素沈着など
にも有効
です!
前回紹介した「シミの工場」の生産を抑えて減少させ、今あるシミも漂白してくれるという
優れもの。
ビタミンCなどの美白成分と比べて数十〜100倍の美白効果があります。

ただ、ハイドロキノンは安定性が悪く紫外線や空気による酸化ですぐに変質してしまいます。
現在、Puaで取り扱っている「ディープブライト」は、
Quソーム化(特許取得)することでハイドロキノンを安定化させ、
水溶性と油溶性の層を7〜10層にし有効成分をカプセル化することで
肌への浸透力・吸収力を格段に上げていますアゲアゲ
(Quソームにすることで肌への刺激も減り穏やかに作用します)
同時にビタミンA、ピュアビタミンC,ビタミンEを配合しているので
相乗効果でよりお肌の透明度がアップしますキラキラ



他の美白化粧品と違い肌への浸透力が格段に上がっているので、
よりシミへのアプローチが可能になっています。

だいたい1ヵ月〜3ヵ月でシミが改善されます虹
(生活習慣や紫外線のあたる量など個人差があります)
シミを薄くするより濃くなる経過のほうが断然早いので
使用中は必ずUVクリームを塗るなどの紫外線対策を行って下さい太陽

ネットショッピングでのお買い物はコチラ
サロン内でも販売しております☆

なかなか消せないシミになる前に早めのお手入れを行ってあげてくださいビックリ


去年の夏の終わりに旦那さんが急に「これ何?」と聞いてきたので
見てみたら、シミがたくさん頬にでていました。
これは絶好の実験体(失礼!)と思い、フェイシャルのトリートメントで
余分な角質を取ってから、この「ディープブライト」を使ってもらいました。
周りにもシミの事を指摘されて気にしていたみたですが、
今ではほとんど分からないまでに美白されました☆
本人もこれに懲りたのか、UVクリームを塗る習慣がつきました♪
 

JUGEMテーマ:学問・学校

美白の基礎化粧品を使っている方は多いと思います。
「美白したいけど、美白系を使うとすぐに肌荒れを起こす」というお声も良く聞きます。

まずは肌の断面図を見て頂きます↓
シミのできるメカニズム
















紫外線を浴びるとメラノサイト(シミの工場)が活性されてメラニン(シミのもと)
がどんどん作られますビックリ
ターンオーバー(肌が生まれてから垢となって剥がれ落ちるまでのこと)
がうまくいっている場合は、上にどんどんあがっていくので、シミになる
までに垢となって剥がれ落ちます。

これが、生活習慣やストレス、加齢などによりターンオーバーがうまくいかなくなり
ずっと停滞し、そこにとどまります
注意
これがシミが出来て濃くなっていくメカニズムです。

ここまでのシミの場合は美白化粧品で対処できます。
ターンオーバーがうまくいかなくて、ずっとそのままにしておくと
やがて「基底層」の膜を破って下へと落ちていくのですが、
この段階になるとなかなか消えないシミへと変わっていきます_| ̄|○
なので、シミに関してはいかに早く対処するかでかかる時間も違ってきます。

なかなか消えないシミに関しても
定期的なフェイシャルのお手入れを受けていると、トリートメント効果で
血流を良くし、マクロファージの貪食作用によってメラニンを分解・吸収し、
やがて血液やリンパで排泄させるので
シミ対策・予防にも繋がっていきます☆

ちょっと話が長くなるので次回へ続きます♪










 

JUGEMテーマ:日記・一般

美容の道に進む前の私は、とにかく化粧品を使っていれば
肌の悩みは解消されるものだと信じていました。
朝・晩と5・6種類くらいの化粧品を顔に塗っていました。
美容部員さんに勧められるまま、あれこれ試してみました。

あとは外食に、不規則な生活を繰り返し、
そしてどうなったか?

肌はいつもトラブルばかり乾燥はひどいしニキビは絶えないし
「こんなに、一生懸命お手入れしてるのに何で?」

それから、勉強は始めていくと「3面美容」を知ることに。
外面【化粧品やメイク、マッサージ】
内面【筋肉や内臓の健康】
精神面【ストレスコントロール】

この3つのバランスがとれてはじめて、肌が美しくなっていくのです。
どれか1つだけじゃダメなんです。

ちなみに、肌はスポンジじゃないのでどんなにたくさん化粧品を重ねても
必要最低限しかお肌には届きません。
あの頃の私のお手入れは無駄な努力だったのです。
お金と労力を使って、何をしていたのか・・・。
今は化粧水・美容液・クリームぐらいで、忙しいと2種で済ませることも。
シンプルにすることでお肌も元気になりました。

フェイシャルコースでは、マッサージで筋肉をほぐして、お肌に合った化粧品を使って
お手入れして、リラクゼーション効果で9割の方が眠りについています。
これって「3面美容」にしっかりアプローチしてますよね。
定期的に受けている方は、お肌が元気にキレイになっていくのが
しっかりわかるとおっしゃっていただいてます♪


 

JUGEMテーマ:学問・学校
 
肌の表面は弱酸性です。

学生時代にリトマス紙を使って、pHを調べたのを
少し思い出してください。



左にいくほど酸性で、右にいくほどアルカリ性となります。
人の肌は弱酸性なので一般的に4.8〜6.2のあたりになります。
この弱酸性が有害な細菌の繁殖を防いでくれて、お肌の環境を守ってくれます。

普段のお手入れでは洗顔料や化粧品などで、
このpHが酸性やアルカリ性へと傾きます。
上の写真は、化粧品のphを調べてみました。

例えば、乾燥肌の人がアルカリ性の洗顔料を使ったとすると
健康な肌であれば、自分の皮脂で弱酸性へと自然に戻っていきますが
乾燥肌の人は、皮脂分泌が少ないぶん、お肌の刺激が強くなります。

皮脂分泌は年齢が高くなるにつれて少なくなるので、
きちんと自分に合ったものを使っているかが、お肌の健康状態を守る
重要なカギとなります。

気になる方は、カウンセリング時に今使っているものを持ってきてもらえば
お調べします♪

 

JUGEMテーマ:学問・学校



 脳卒中リスク予防のおはなし


身近でもよく聞く脳卒中ですが

その予防法をご紹介

スウェーデンでの研究所で発表された研究結果では

特にリンゴと洋ナシ、緑葉野菜を多く食べることが

脳卒中リスクを下げることがわかったそうです
 
野菜と果物の食べる量が多い人は、最も少ない人々と比べて

脳卒中全体のリスクが13 パーセント低いことが分かったとされています


他にも昨年の秋に発表された、オランダの大学研究所でも、

同じく、リンゴや洋ナシのような白い果肉の果物が脳卒中リスクを

下げることを報告しています

白色系果物、野菜を多く摂る人はそうでない人と比べて

脳卒中リスクが半分であり、1日に25グラム多く白色系果物

特にリンゴと洋ナシ、野菜を摂る毎に9%ずつ脳卒中リスクが減ること

がわかったと報告しています




脳卒中(のうそっちゅう)[ 日本大百科全書小学館) ]より引用

cerebral apoplexy

急激に意識を失って倒れ、半身不随に陥るのが典型的な症状である疾患の総称で、脳血管障害同義語として使われることが多い。

脳卒中の種類は1969年(昭和44)当時の文部省総合研究班(班長冲中重雄(おきなかしげお))により、脳梗塞(こうそく)(脳血栓脳塞栓)、頭蓋(とうがい)内出血脳出血くも膜下出血)、脳梗塞を伴わない一過性脳虚血発作、高血圧性脳症に分類された。

なお、脳卒中は、わが国では(がん)、心臓病とともに死亡率が高い疾患の一つで、1999年度(平成11)の年間死亡者数は約13万9000人で、4分間に1人が死亡する割合となる。また脳出血脳梗塞の割合は、従来は脳出血が多かったが、1974年から逆転して脳梗塞死が脳出血死より多くなってきている。

JUGEMテーマ:学問・学校


毎日、こんなにのんびりと過ごすことがなかったので

時間の使い方が上手に出来ずにいます・・・

久しぶりに読みかけの本達と向き合えているので

興味深い話題を取り上げてみます



テストステロンとエストロゲンは聞いたことがあるでしょうか?

主にこの性ホルモンの影響で

男性と女性では脳の構造や機能に違いがあります

例えば、幼少期のうちから男女の差があって

女の子は男の子より言葉を話すのが早かったり

男の子は女の子より活動が活発である傾向があります


青年期に入ると

女の子はコミュニケーション能力も高くなり、助け合うことが上手、

悩みごとは周囲に相談して意見を求めようとする傾向にあります。

男の子はコミュニケーションはぶっきらぼうになりやすく、悩みごと

などの不安要因はなかなか助けを求めようとしない傾向があります。


女性は特に身体の影響の大きいエストロゲンと

プロゲステロンによって

身体に大きな変化が起こります

抗酸化作用などの影響もあり女性が

長生きするのもこれらのホルモンの関係にあると言われています


最近では知っている方も多い月経前症候群(PMS)。

多くの女性が経験したことがあるといわれている

生理前にイライラしたり、気持ちが落ち込んだり、

身体の不調が出たりといった症状がこれにあてはまります

ひどい場合は、通常の生活に大きく支障がでる方も。

あまりに深刻な場合は医師に相談する必要がありますが

取り入れやすいものでいえば

普段の食生活を見直す必要があります

甘いお菓子は控えて、アルコールやカフェイン、

炭酸飲料、加工食品も減らしましょう

野菜を多く摂り(高カロリードレッシングは控える)、

低脂肪の肉や魚を取りましょう

大切な用事がある場合は、その時期をずらしたり

自分のコンディションが悪くなる時期を知っておくと

その前に対処することが出来ます

調子が悪いときには無理はせず、リラックスする時間を多くとったり

自分の気持ちが落ち着くように心がけ

簡単な運動もとり入れたりすることで、

自分自身と上手につきあっていくことができます


PMSはきちんとした診断名があるのに

あまり知られていない為に周りに理解されにくいのが

非常につらいところでもあります

私も20代前半は特に症状がひどかったので

辛い思いもしましたが、今では対処方法も多く

紹介されているので悩んでいる方は

ご自身の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか




JUGEMテーマ:学問・学校

今日お客様とハーブのお話になったので

その延長で・・・



日本のハーブはと言われると??

ピンとすぐ思いつかないかと思いますが

「薬味」として

梅干し、ごま、山菜のぜんまいやわらび

「薬草」として使われる

ドクダミ、ヨモギ、柿の葉などがあります




 ハーブを日本語に訳すと

「薬草」「薬味」「野草・山菜」「香草・香木」「スパイス」


ハーブとは西洋のものだけでなく、日本原産のもの、日本でも

昔から使われてきたものも含みます。



ハーブの使い方は

「食べる」「お茶にする」「お風呂に入れる」

「薬」などがありますが、

日本のハーブは食べることによく使われてきました

その使い方として



形のまま食べる

香りがほのかでそのまま食べられるものは、
そのまま盛り付けてあり、
青じそ、三つ葉など特に季節感を感じさせるものがこれにあたる



刻んで食べる

やや香りが強く、スパイス(香辛料)的な要素が加わったものは
刻んで使うことが多い。ネギ、ミョウガなど



すりおろして食べる

さらに風味の強いスパイス的なものは、
すりおろして利用するものが多い。
ワサビ、大根おろし、和辛子、ショウガ、ニンニクなどは
料理をピリッと引き締める役目

  

彩りや季節感を大切にして、目で見ても楽しむ
日本料理にはかかせないものです

JUGEMテーマ:学問・学校


今、大腸がんは男女問わず増加し

がん疾患の第一位に迫ろうとしています

そして便秘が国民病となりました


食の欧米化により食物繊維の不足

それによって腸内環境が悪化して

ビフィズス菌などの善玉菌が減少し

ウェルシュ菌などの悪玉菌が増大します

若年女性層では「5日に1度」が

平均値という調査もあります

腸内の免疫、メンタルケア、便秘改善、
抗アレルギー作用、生活習慣病対策などの効果として
注目されているのが下でご紹介↓

美容面でも腸美人は肌美人とも言われるほど
関係性が深いのです


プレバイオティクス
食品由来成分で、大腸まで到達し大腸内に棲息する有用菌を増やし腸内環境を改善し、腸管免疫系をはじめとして健康改善に役立つ

オリゴ糖、食物繊維、「グルコン酸」、「サラシア」、「ラクチトール」、「L-アラビノース」

プロバイオティクス
腸内細菌のバランスを改善することで宿主(人、動物)に有益に働く微生物。ヒト由来であり、生きて腸まで届き、腸管に付着して増殖できる

乳酸菌、ビフィズス菌

シンバイオティクス
プレバイオティクスとプロバイオティクスを併せたものがシンバイオティクス。2つの相乗効果で腸内環境改善を図る。

ヨーグルト、キムチ、味噌、などの発酵食品では、
あまり効果がなかった方。
上記のサプリメントを摂取されてみてもよいのでは。


JUGEMテーマ:日記・一般
 

私の仕事はお客様の大切な身体や顔を触れる職業です

なので、専門的な知識が必要となります


ボディトリートメントやフェイシャルでは

身体のしくみや、筋肉・骨格・皮膚の構造、栄養学、カウンセリング

化粧品について、などなど学ぶことは盛りだくさん




その他にも、今まで常識だったことが最近の研究で

まったく違った考え方になったりと。。。。

日々変わる情報にもついていかなければいけなかったりと

本当に興味深く、それを学ぶのが

私の楽しみの一つでもあるのです

本当に好きじゃないと続かないと思ってます



そんな旬の情報は、サロンにていつもお渡ししている

プリントに書いています
(来店時の短時間では伝えきれない事が多いので)

「楽しみです」と言ってくださる方もいて

私もできる限り、更新するようにしています





ブラダルエステでは、お顔に表れる

生活習慣、内臓、心の状態などを見て

その時に合った方法でのコース内容や

ご自宅でのお手入れの仕方などを提案していきます


お肌を根本的に改善されたい、

変えていきたい方は1ヶ月半以上のコースを

選んでいただいております





来店時、フェイシャルの場合

自宅でどのようなお手入れの

仕方をしているか、詳しく伺っていきます

出来るだけきちんと答えて頂いております


そこから、間違った方法をされていないかや、

今使っている基礎化粧品のタイプが

その方のお肌に合っているかなどを

見極めていきますので、

面倒ですがお付き合いくださいませ

フェイシャルをいつも受けて頂いている方も

気になることがあれば、いつでもご質問ください

今の時代は、あまりにも情報が多すぎて

何が本当に良いのか判断が難しくなっています


大切なのは、正しい知識

これに勝るものはありません






JUGEMテーマ:日記・一般
 

数年前から、ず〜っと愛用している

ファンデーションがあります

これに出会ってから、正直、

他のメーカーに変えようと思わないくらいの

最高の仕上がりと内容成分です

化粧独特の、ベタッとした感覚がなく、

何もつけていないような素肌の状態に

近い感覚です

とにかく軽い!!


でも、カバー力はバッチリ

中でも一番、ロングセラー商品が

リキッドファンデ

まず、見た目がビックリなんです




たっぷりの有効成分が配合された

美容液の中に、色味となるカプセルが

浮かんでいます

不思議なことに、ワンプッシュして

出してみると、美容液と色味が

混ざり合って出てきます



肌の上に伸ばしてみると

キレイに毛穴やしわを目立たなくし

肌色も明るく健康的に仕上がります



このファンデーションのすごいところは

最先端の技術により

時間差で、美容液成分が肌へと

順番に供給されるので

1日中乾燥が気にならないのです

これから暑い時期がやってきますが

クーラーで冷やされると

夏場でも肌の乾燥がすすむので

これは年中助かります


その他にも、

ニキビなどの炎症を抑え、紫外線から肌を守り、

毛穴に詰まりにくい処方がされているため、

色んな肌タイプの方にも使えます

下の写真のように、肌にダメージがあっても(右側)

このリキッドファンデをぬると(左側)のように

赤みもカバーすることができます

皮膚科にも、このファンデーションを

置いている医院がたくさんあります




ファンデーションが毛穴に詰まって酸化し、

炎症を起こしてニキビなどに繋がるケースや

ブラックヘッドなどの(黒いツブツブ)になる

ケースも少なくありません

1日の半分を、お化粧して過ごすので

良いものでなければ、逆に老化へと

導いてしまうことにもなりかねません

今一度、見直すべき部分でもあります



Puaでもサロン内にて販売しておりますので

気になるかたは、おっしゃってください













PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

今夜のレシピ

本のリサーチ

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM